閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【検証】体幹トレーニングダイエット効果の関係性【もっと効率的に痩せたい…
  2. 【あなたはどっち】夢を叶えるモチベーションのタイプ【エターナルアイラッ…
  3. 【美容効果だけじゃない】今話題の舌トレーニングが半端ない!
  4. 【毎日のケアが退屈】メイクしながらケアできる魔法のアイテムとは
  5. 重ね発酵ハーブ茶と睡眠の関係性【簡単なストレス解消方法】
  6. 【最新作】エターナルアイラッシュプレミアムを紹介【徹底解剖】
  7. 【食事制限はダイエットの敵?】食事制限がダイエットに逆効果である3つの…
  8. 【裏技あり】便秘解消には白湯が効果的と言われる理由
  9. 【知って得する】コーヒーをやめることで起こる嬉しい体の変化
閉じる

リュバンブランコラム

【話題】16時間断食の効果とライフスタイルへの適用方法【最先端の美容】

こんにちは!突然ですが、『ファスティング』というものをご存知でしょうか?

簡単にいうと断食のこと!最近は本やYouTubeなどでも取り上げられて話題になっています。

中でも16時間断食というものが最近の流行♪

実は、私も昨日から取り入れており、どんな効果が出るのか楽しみです!

そこで、今回は16時間断食の効果と具体的な方法について紹介していきます!

 

■16時間断食とは

16時間断食とはその言葉の通り、16時間何も食べないことを意味します。

一般的な断食は最低でも2日間、長いと5日間程度というのが常識です。

じゃあ、16時間って短くない?大丈夫そう?ってなりますよね。

 

✔️オートファジーこそが空腹の醍醐味

何も食べない時間が長ければ長いほど、痩せるからと思っている方も多いでしょう。

しかし、断食のポイントとなるのがその空腹感。

空腹の状態が16時間続くと、オートファジーが活性化します。

オートファジーとは、人間の古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせる仕組み

このオートファジーが活性化することで、次のような効果が期待できます。

 

■16時間断食で得られる効果

糖尿病、がん、心筋梗塞、アルツハイマー型認知症などの予防

内臓の働きを改善(下痢・便秘、アレルギー改善)

肌や髪をキレイにする

 

便秘不良が改善されることで、下っ腹のポッコリの解消も期待できるでしょう!

また、内臓脂肪も燃焼されやすくなるので、ダイエットをしたいと思っている方にもオススメです♪

でも、16時間何も食べないって難しいですよね。

 

■16時間断食を取り入れたライフスタイル

16時間断食の取り入れ方は下記の通りになります。

①16時間断食は15〜7時がオススメ

②まずは週1回から

それぞれ解説していきましょう。

 

①16時間断食は15時〜7時がオススメ

オススメは15時〜7時までの断食です!

なぜなら、睡眠時間を挟むから!

睡眠時間を挟むことで、起きている間の空腹時間を短縮することができます!

 

✔️食べても良いものはある

15時〜7時までの間、何も食べないのはさすがにきついですよね。

しかし、下記のようなものなら口にしても大丈夫!

  • ナッツ
  • お茶

ナッツはアンチエイジング効果があります。

ですから、キレイになりたい方はむしろ、積極的に食べた方がいいかもしれないですね。

 

✔️8時間の間は何を食べても良い

16時間何も食べず、さらに食事時間も栄養バランスを考えてってなるとキツイ!

8時間の間であれば好きなものを好きなだけ食べても大丈夫です!

大事なのは空腹感!

ストレスなく16時間断食を続けるコツは、8時間の間に好きなものを好きなだけ食べること。

 

②まずは週1回から(休みの日がおすすめ)

平日は仕事や家事が忙しいというなら、まずは週一回から始めてみてください!

特に休みの日ですね!

16時間断食に取り組んだ最初の方は何か違和感を感じることもあるかもしれません。

ですから、無理のない自分のペースで頑張ってみてください

 

■まとめ

今回は話題の16時間断食についてご紹介しました!

16時間断食で疲れた際には重ね発酵ハーブ茶を飲んでリラックスしてみてくださいね! 

今後もあなたの役に立つ美容コンテンツを配信していきます!

Recommend

  1. 【美容の大敵】手足の冷え性の原因と対策方…

  2. 【裏技あり】便秘解消には白湯が効果的と言…

  3. 【コーヒー】カフェインがダイエットに良く…

  4. 【明石家さんま式】誰も教えてくれない表情…

  5. 【サウナはダイエットに逆効果?】ダイエッ…

  6. 【リラックス♪】白湯がダイエットに効果的…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

ページ上部へ戻る